Cafe穀雨 農と食と人のこと

新茶のころ

e0324368_21224071.jpg

e0324368_21544690.jpg

新茶の季節ですね。
狭山茶の生産地では、先日の霜で被害をうけてしまった茶畑もあります。
土地にあった品種って大事ですよね。
埼玉県茶業研究所ウェブによると埼玉県で栽培されている品種は
やぶきた、さやまかおり、ふくみどり、ほくめい、むさしかおり、さいのみどり、ゆめわかば
なのだそうです。
やぶきたばかりかと思っていましたが
7種類もあるのですね。

一昨年、静岡でお茶の在来品種の畑を見ました。
それで作ったお茶もいただきました。
狭山茶生産地では在来品種ってあったのでしょうか。
昔は、強風で畑の土が飛ばされないよう畑の周囲に植えていたそうですが
その頃のお茶は何茶だったのでしょう。
もし、在来品種が保存されているのなら飲んでみたいなあ。

お立ち寄りありがとうございます。
by dentouti | 2013-04-29 21:56 |
<< 自家採種がんばります。 アオバナの苗 >>