Cafe穀雨 農と食と人のこと

苗床ですね!

ゴールデンウィークに夏野菜の苗を植えようと思っています。
家庭菜園をなさっている方々、皆様のご予定はいかがですか?
種子から育てるのってなかなか難しいですよね。

今日は苗床を見ました。
e0324368_20233742.jpg

武蔵野台地では竹や木材で支柱を作り
コムギやオカボのワラなどで周りを囲って
温床が作られてきました。
さつま床といい、
3月の彼岸前後にこの囲いの中に落ち葉やヌカなどを入れ
発酵させてその熱でサツマイモの芽だしをしました。
ワラで囲うと通気性もよく、適度に発酵熱を逃がしてくれるのだそうです。
屋根には支柱を組んで、すだれをかけました。
種サツマイモにはコムギの籾殻をかけ、
保温をしつつ、水分を逃がし、
芽だし前のサツマイモが傷むのを防ぎました。

今日見た苗床は、内部がよくわからなかったのですが
苗が何種類か元気に育っていました!
土地があったら苗床づくりもやってみたいことの一つです。

お立ち寄りありがとうございました。
by dentouti | 2013-04-24 20:38 | 伝統智
<< モチ大麦ごはん まめぶ汁の深い味わい >>